myecheckcorporate.com

結婚にまつわる指輪は私の好み

Posted by on 10月 7, 2012

婚約したときも結婚するときも、両方の指輪は私の好みで選びました。最近は、男の人でも指輪に詳しくて、好みを主張する人が増えてると思うのですが、うちの主人はそんなにもうるさくなかったので、金額はある程度はあるんですが、両方とも私の好みでシンプルでかわいいものを選びました。婚約指輪はたまにだして眺めてるんですが、結婚指輪は毎日つけるのではなく、出かけるときにだけつけます。毎日つけると傷がすごそうで、ちょっとつけれないです。
結婚指輪は、メレのダイヤが入ったタイプなので、ちょっと遊び心もいれてみたので、あまり家事とかで傷がついてしまうのもいやなので、出かけるときにつけるようにしてます。主人のは、ダイヤなしでつくったんですが、最初ちょっとつけて、金属アレルギーがでて、すぐにつけなくなってケースにしまわれてます。こちらはほとんどつけてないので、とても綺麗な状態で残ってます。使うほうがいいのか、大事にとっておくほうがいいのか、別れますね。

Read More

結婚式の指輪の交換で使うものとは別に指輪が貰える?

Posted by on 9月 7, 2012

芸能人の結婚記者会見では、指輪を見せるのが定番ですよね。わたしは結婚指輪に詳しくないのですが、わたしが婚約したとき、母親に、指輪は貰ったの?と聞かれました。きっと、よくドラマで見るような感じでしょうね。あんな感じで指輪と一緒にプロポーズする人もきっといるんだろうと思いますが、わたしは指輪は貰いませんでした。それを母親に話したところ、なぜかものすごく怒ってしまい、なだめるのが大変なほど。わたしもわけがわからず混乱していましたが、後々話を聞くと、結婚式での指輪の交換で使用する指輪と、プロポーズの指輪は違うもののようです。
母曰く、結婚指輪は日常でも使えるようなシンプルなもの。プロポーズの指輪は、大きなダイヤがついていたり、豪華なデザインのもの。らしいです。その指輪は普段はつけず、知人の結婚式の出席とか、特別な場所へ行くときに使うもののよう。そんなことを全く知らなかったわたしは、試しにその話を旦那となる相手へ話してみました。もしかしたら指輪を貰えるかもしれないという期待も持ちつつ。しかし、お金がないから無理の一言。すると母がまた激怒。指輪を買うお金もないなら結婚なんてするんじゃない!と。しかし、実際姉の結婚のときはプロポーズの指輪もないし、結婚式でも指輪の交換で使った指輪も、付き合っていた時に貰ったものだそうです。それでも母は何も言いませんでした。姉はいわゆる出来ちゃった婚なので、この先お金もかかるから。という理由からなのでしょうか。指輪であんなに激怒されたわたしとしては、ちょっと納得がいきません。わたしにしたら、2つも指輪を貰えるなんて贅沢な話だと思うのですが、これは当然なのですかね。

Read More

結婚指輪を買うならオリジナリティが決めて

Posted by on 8月 7, 2012

結婚が決まると、準備を色々しなくてはいけないですね。結婚式、新婚旅行、新居、入籍、そして結婚指輪の購入など色々あります。指輪はする人としない人といますが、多くの方が今男性でもしています。うちの主人も指輪をしている1人です。入籍をする少し前に指輪を購入したのですが、結婚指輪って種類がたくさんあって悩みますね、せっかくの記念なので素敵な指輪を買いたいって思いました。私がいいなと思ったのはダイヤが何個か入っているものでしたが、普段気兼ねなくするには無理かなと諦めました。
そして選んだ指輪は、日本のブランドのものです。あまり聞いた事がないブランドだったので、これならあまりしている人がいないから、自分達のオリジナルみたいな気分になれるかなという理由と、デザインが斬新で惹かれたのです。お値段もけっこうしたので、さすが8年経った今も歪みなくキレイなままです。誰もしていないので、私達はとても満足しています。結婚指輪を買うなら、やはりオリジナリティがあるものがおススメです、きっと二人の大切な指輪となるでしょう。

Read More

結婚前にもらった指輪と婚約前にもらった指輪そして結婚指輪へ。

Posted by on 7月 7, 2012

私が「指輪」と聞いて最初に思い出すのは、夫と出会っておつきあいが始まってまもなくの頃に彼から買ってもらったエメラルドの指輪です。リング部分はホワイトゴールド、文字通りのエメラルドグリーン色をした程よい大きさの石の周りを小さなダイヤが取り巻いているデザインのものでした。確か新宿でデートをした折、立ち寄ったジュエリーショップで見立てたと記憶しています。サイズ直しが必要だったので、当日持ち帰ることはできませんでしたが、後日再び一緒にショップへ行き、受け取ったその場で迷わず左手薬指にはめました。そんな私を笑いながら見ていた夫。懐かしい
そしてエメラルドの指輪をもらってから一年あまりが過ぎました。夫と私は御徒町のとある宝石店の中で一緒に座っていました。その時私たちは婚約指輪を選んでいたのです。たくさんの候補の中から選んだのは、シンプルなひとつ石とその左右に小さなダイヤが何そしてエメラルドの指輪をもらってから一年、石が並んでいる清楚な雰囲気の指輪でした。俗に「給料三ヶ月分」と言いますが、その指輪も確かに当時の彼のお給料数ヶ月分のお値段でした。この指輪はデザインが大変シンプルなので、今でも時々身に付けております。
そして最後が結婚指輪です。これは結婚式の数ヶ月前に銀座の老舗宝飾店でやはり夫と一緒に選びました。この指輪は結婚式後私の左手薬指にずっとおさまったまま。結婚当初と比べて随分指が節くれ立ちました。それだけ長い月日が経ったんだと手を見ながらしみじみ思います。「指輪」。女性にとって、愛する人からもらう指輪ぐらい胸がきゅんとするものはないんじゃないでしょうか。小さなジュエリーボックスにしまわれた3つの指輪を眺めながら、それぞれの瞬間を追体験し、なんだかうきうきと華やいだ気分に浸った私でした。

Read More

結婚がきまると、まず指輪選び。

Posted by on 6月 7, 2012

結婚するとなるとまず必要なものは指輪でしょうか。私がまず買ったのは婚約指輪でした。プロポーズされたときに一緒にわたされる人もいるかとおもいますが、最近私の友達の中で主流なのは、プロポーズされてから一緒に婚約指輪を買いにいく、というものです。私もそうでした。結婚がきまってからはどの婚約指輪にしようか、雑誌やインターネットをみてばかりでした。青色の箱が印象的な憧れの某ブランドにしようかな、と思っていろいろ調べていましたが、当日お店に見に行った時の担当の方の対応が気に入らず、買わないことにしました。
そのあとに、憧れはありましたが、敷居が高すぎてお店にすら入ったことのないような、アメリカの某有名ブランド店に入って見ることにしました。中にいるお客さんはみんなセレブ風で、年齢層の高い方もいらっしゃいました。対応もよく、店内もとってもキレイで惚れ惚れしてしまいました。指輪もキレイで結局、すぐに欲しい指輪がきまり、購入することになりました。一緒に一度の婚約指輪、選ぶのは楽しかったです。

Read More